ハットリ裁判:被告人証言

 

2002年11月22日地方裁判所 法廷 証言台 ▽

 

そんな事より>>1よ、ちょいと聞いてくれよ。あんまスレと関係無いけどさ。

この前 空き地で手裏剣投げたんです。手裏剣。

そしたらなんか警察がたくさん来て逮捕されたんです。

で、よく聞いたら手裏剣が銃刀法の構成要件に該当するとか、言ってるんです。

もうね、アホかと。

馬鹿かと。

お前らな、手裏剣ごときで裁判起こしてんじゃねーよ、ボケが。

裁判だよ、裁判。

なんか弁護士とかも来てるし。思うさま逆転して無罪?。おめでてーな。

その上何かにつけて「待った!異議あり!!」とか言ってるの。

もう見てらんない。 お前らな、俺は未成年だからはやく釈放しろと。

裁判所ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。

検察側も弁護側も淡々と証拠提出、異議はなく 木槌も叩かない、

そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供はすっこんでろ。

で、やっと無罪判決だと思ったら、検事の奴が、俺の顔はお面だとか言ってるんです。

そこでまたぶち切れですよ。

あのな、お面なんてきょうび流行んねーんだよ、ボケが。

得意げな顔して何が、右目が外れかかっているっ!!!、だ。

お前は本当にお面だと思ってるのかと問いたい。

問い詰めたい。

小1時間問い詰めたい。

お前、「異議あり!」言いたいだけちゃうんかと。

被告の俺から言わせてもらえば今、被告の間での最新流行はやっぱり、

完全黙秘、これだね。

完全黙秘、任意同行。これが通の逮捕され方。

任意同行ってのは脅しだけの技。法的拘束力はない。

で、密室で拷問されて自白。これ最強。

しかしこれを使うと本当に無罪なのに有罪判決が下るという危険も伴う、諸刃の剣。

素人にはお薦め出来ない。

 

まあお前らド素人は、アニメ版ハットリくんでも見てなさいってこった。

 

オリジナル吉野家はこちら(swf) text(4/7の日記) < THX 谷さん


開発コラム

「ハットリ裁判」

 

ハットリ裁判を書いたヨシナガです。

なんだか知らない間にものすごく長い話になってしまいまして、

気づいたらHTMLで60Kbを超えるテキスト量(画像除く)。

 

ハットリ裁判はだいたい4回に分けて更新されたわけですが、更新のたびに

 

手裏剣術とは、遠い間合いから手に持った剣を敵に投げて突き刺し、
倒す術であり、手から離れる剣という意味で「手離剣術」とも言われている。
(Nさん 男性)

 

みたいな新たな証拠が届き、「これなら手裏剣だけで有罪にできてしまう」

みたいなムジュンにさいなまれました。

 

仕方ないので逆転裁判の巧さんにならってプロットを書いてみたり(爆)

 

でも、結論ははじめから決まっていました。

 

僕らが幼い頃、夢を与えてくれたハットリくん。

そんなハットリくんを有罪にすることはできない。

 

また、この文章はことごとく忠実にゲームの逆転裁判に準拠して書かれているため最後は無罪を勝ち取りたい。そしてラストは「異議あり!」で終わりたいとは思っていました。

 

そんなこんなで、今のような形にまとまりました。

後半はやや強引かな、とは思いますが、

まぁ、書いてる方が おもしろければいいのではないでしょうか?

(逆転裁判2のCMから引用)

 

 

こんな風に、ハットリ裁判は至る所でゲームのセリフを使用しています。

まだプレイしたことがない方は、これを機会に「逆転裁判」に興味を持っていただけたらそんなに嬉しいことはありません。

 

最後に、協力してくれたみなさんありがとうございました。

そして、よろしければ僕の見た秩序。や、他のコラムもお楽しみ下さい。

 

 


コラムTOPへ  TOPへ  

僕の見た秩序。Please visit my page !
copyright(c) 2001-2003 ヨシナガ 179271133from 2001 6/30